技術力を基本に、多彩な工法とノウハウを駆使します。

代表取締役社長 藤本 博史

プラスチックフィルム印刷の
パイオニアとして—。

プラスチックに印刷するー。それも紙に印刷するように、カラフルで美しく。これは私たちローヤル工業が創業以来、追求し続けてきた大きなテーマです。業界のパイオニア的存在として、私たちは常にチャレンジ精神を持って加飾技術の開発に力を注いできました。

私たちの強みは、なんといっても市場のさまざまなニーズに柔軟に対応できる技術力。そして、多彩な工法とノウハウを持っていること。これにより、お客様のご要望に対する総合的なソリューションが可能となっています。

技術力といっても、美観や性能といった品質に関するものだけではありません。小ロット生産を可能にするための技術や、製造環境クリーン化のための技術などさまざま。すべてはお客様のご要望に柔軟に対応しようとする努力の結果、生まれたものです。

今後私たちはプラスチックを中心とした加飾技術のさらなる向上とともに、
よりグローバルな事業展開を目指していく予定です。
これからも皆様からのご支援・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。